今すぐ【輸入ビジネス通信】へ登録しましょう。


無料プレゼント中です!!

◆輸入ビジネス・スタートアップマニュアル
◆利益の出るお宝商品価格差リスト

海外から商品を仕入れて国内で販売しませんか?
どのような商品がいくらで仕入れ可能で、
いくらで売れるのか?把握できるリストになってます。

輸入ビジネスメルマガ登録の矢印3
*は入力必須です。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 


≪輸入ビジネス通信・無料メルマガの配信について≫
※ご登録いただいた個人情報はプライバシーポリシーに則って大切に管理します。COCOPOCOが提供するサービス以外に仕様しません。
※登録後は、無料特典プレゼント、無料メールマガジン、COCOPOCOの提供する有料サービス等のお知らせをお送りします。
※メール内の配信解除URLをクリックすればいつでも簡単に解除することができます。プライバシーポリシー
 


お客様の求めているものを理解する輸入ビジネス

商品を先に見つけるべきか?
お客を先に見つけるべきか?

迷うまでもなく。

輸入ビジネスをやっている
ぷちバイヤーの場合は
お客を探すのが先!!

( 販売力があったり、店舗にブランド力があったり、
ファン顧客が沢山いる場合は、商品ありきでもいいと思いますが、
でもぷちバイヤーが商品ありきでスタートすると危険です。
資金力もないですから失敗が致命傷になってしまいます )


買う人が確実にいるって分かっているものじゃなきゃ、
駆け出しのぷちバイヤーは、こわくて輸入仕入れなんかできないです。


単発レアモノ発掘でヤフオク販売するなら、
商品を買い付けて在庫を抱えて、
作業はぜんぶ自分でやることも可能です。

でも、独自サイトで大きく動かしていくとなると
以下のようなステップで考えをまとめなきゃなりません。
これらがすべてクリアにならないと、
どこかで躓きます。


●まずは、どんなものが市場で求められているのか調査
     
     ↓ 

●お客がいることが分かったら、
その商品の販売元を探る
     
     ↓ 

●その商品がいったいどれくらいで仕入れできるかを調べる

※高利益が理想ですが
薄利でも多売できるなら検討の余地アリ

     ↓

●ライバル調査

・価格
・独自性
・マーケティング

このどれか一つでもライバルに勝るものがあるか?
チェックする

いくらお客がいても利益が出せる商品でも
ライバルが自分より強かったら苦戦します。

     ↓

●その商品をどのように動かしていくか考える

・どれくらいの数量を在庫で抱えたらいいのか?

・発注すると、すぐに商品を送ってくれるところも
多くなっているので、在庫は少なくてもいいケースが増えてきた

・さらに最近では顧客への直送(ドロップシップ)してくれる
ところも増えた

在庫の動きについてもシュミレーションして
滞りないように考える

限りなく自分では在庫を抱えないスタンスのほうが
リスクは少ないです。その代わり、仕入れ値が高くなる傾向にあります。
売れる自信があるなら、前払い決済で在庫を抱えても不安じゃありませんね。
それだけ安く仕入れが可能になります。

     ↓

●顧客とのやり取りシュミレーション

・メール
・入金チェック
・発送

これらの手続きは誰がやるのか?

     ↓

●ウェブサイトは誰がつくるのか?
自分でつくれないなら既存のサービスを使います。

既存のサービスも、いろいろあります。
一長一短で、商品によってサービスを検討する必要があります。

どのように集客するか?
これが重要。

★単発じゃなくて、コンスタントに動く仕組みをつくるなら
これだけの準備が必要です。

これらの流れを見ると、初心者さんは腰が引けてしまうと思います。

でも、ヤフオクを一通りやって、ネット物販の流れを経験しておくと
だいたい分かってきますよ!!!


ここで重要なことは、これら一つでも欠けているのに
何も考えずに在庫を抱えてしまうのは、危険ということです。


【 ポイント 】

・商品にもよりますが、日本国内仕入れの場合は、
最初の段階では、上代への掛け率が 6掛けくらいが普通。
( さらに有利な条件は、販売実績を積み上げてから引き出す )

・アジア圏からの仕入れは、日本での販売価格の
4分の一 ~ 10分一 くらいを目安として
仕入れられるように話をすすめる。
安いアジア圏の商品は、現在、飽和状態で、
仕入れは簡単だけど売るのに苦労する傾向にある。

・欧米圏からの仕入れについて、
そもそも欧米で生産されているものは
現在は少なく工場がアジア圏に移行している。
現地で生産されているものは日本同様にそれなりに高値。
オリジナリティのあるものを発掘しなくてはならない。
そのままの価格でイチ顧客として店舗買いすることもある。
販売元に直接コンタクトとれるなら現地相場の半額くらいを
目指して交渉。(商品によっても異なる)
送料などの諸経費を計算すると利益が出なくなるので
日本国内での売値も高値設定しなくてはならない。
(高値設定するためにも他にない商品を発掘すべき。差別化が重要)
珍しいものがあったら売るのは楽。
でもそのような商品は発見するのが大変。

※上記の数字は感覚で書きました。
条件や取引形態によっても変わります。


★自分の思い込みを優先させるよりも
お客様が求めているものをしっかり理解するということ、
お客様目線で物事を考えることが一番大事ということ。
そのように考えてます。

今すぐ【輸入ビジネス通信】へ登録しましょう。



◆ 輸入ビジネス・準備マニュアル
◆利益がでる「お宝商品一覧リスト35」

などなど、これから輸入販売にチャレンジする方にとっての
お役立ちレポートとノウハウを無料プレゼントしています!!

輸入ビジネスメルマガ登録の矢印3
*は入力必須です。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 


≪輸入ビジネス通信・無料メルマガの配信について≫
※ご登録いただいた個人情報はプライバシーポリシーに則って大切に管理します。COCOPOCOが提供するサービス以外に仕様しません。
※登録後は、無料特典プレゼント、無料メールマガジン、COCOPOCOの提供する有料サービス等のお知らせをお送りします。
※メール内の配信解除URLをクリックすればいつでも簡単に解除することができます。プライバシーポリシー
 

<<<<< 前のページ | 次のページ >>>>>